古民家をDIYリノベしていく様子をブログしていく予定です

本州一未開の地

本州で自然生物が最も豊富な県を印象で答えるとすれば、間違いなく秋田県だと答えます。地理的には青森よりも関東寄りですが、関東側から向かうとすれば、より自然が深い場所を目的地にする限りにおいて、秋田が最も時間がかかるだろうと思います。人口も少なく自然の規模が大きいため、手付かずの場所がいくらでもあり、目的地を決めるのが困難なほどです。

 

全国的には天然のマスは減少しており、ほとんどを養殖・放流で個体数を維持している他県の川とは違い、このあたりに棲息する魚は丸々と太り、その精悍さや体格は全く別物の魚を見ているようです。

 

また、どの川に行っても林道すら潰れている可能性があり、それほど人の手が入ってないということは当然大型獣の住処でもあるため、クマには特に注意する必要があります。

 

阿仁という地方には伝統的なマタギの話があり、野生生物と人間の関わり合いについて考えるときに非常に参考になります。 アキアカネの数も半端じゃなく、このあたりで釣りをしていると、出した竿に10匹くらいもトンボが停まってくることがあります。 東北以北の狩猟・遊牧系住民の過去についてはまだまだ充分に解明されていない点も多々ありますが、それだけに浪漫を感じさせるものでしょう。
奥羽山脈が縦断しているだけあり、県内には急峻な渓相をもつものが多いですが、そこで育つ魚はまた格別の体格を持っています。頭の大きさ、体色の具合、そこから放つオーラは他に住んでいる同族とは一線を画します。 天然の野生を一度でも目の当たりにすると、放流された個体では満足できなくなるのもわかります。本流にいるマスもサイズこそ大きいですが、荒海で磨かれ銀化しているため、鮮やかな色は消えてしまっています。 こういった何でもなさそうな場所にもかなりの大物が潜んでおり、懐の深さを感じさせます。この地方には沢屋を虜にする魅力がたくさん詰まっています。
こういった平凡な浅瀬は小型生物などの宝庫です。川が豊かであればあるほど生態系の種類が豊富で、生息密度が濃くなっていきます。網を石ころの下流に置いて石を動かすだけで、ビックリした生き物が数種網の中に飛び込んできます。秋にこの浅瀬を這うように遡上していくマスの姿を想像するとわくわくしてきます。 サンショウウオの赤ちゃんが網に入ってきました。人に汚染されていないとこういった貴重な種がちゃんと息づいていることが証明されます。時には網の中にウナギが入ってくることなどもあり、時間を忘れて探してしまいます。釣りをしようと思えば、ミミズなど持って行かなくてもこういう場所で獲れた虫をエサにするとすぐに釣れます。 東北の良いところは、存分に楽しんだ後どこにでも素晴らしい温泉があるということです。冗談ではなく、目をつぶって適当に運転し終えた場所で温泉を探してもすぐに見つかるほど密度が濃く、人々に愛される名湯も数多く存在します。

関連ページ

絶景の北アルプス
過去に私が行った中で最も印象に残っている場所
神が住む白神山地
白神山地は世界遺産に指定されており、秋田側からは入ることができません
一枚岩のナメ
沢登りをしていると、行程の途中でナメと呼ばれる一枚岩の場所があることがあります
透明度No.1
源流とは到底言えないような、大きめの道路が敷設されたような場所に位置する川
都内1時間の絶景
片道1時間以内の場所を探すことが一つの命題
豪雪地帯の夏
豪雪地帯である越後の国には素晴らしい自然があります
三途の川
強烈な匂いは恐山をして霊山と呼ばせるだけの力があります
かつての国内随一
かつては四国の四万十川とともに国内2大清流に数えられた長良川
広大なる湿原
国内最大の湿原地帯として知らない人はいないほど有名な釧路湿原
その他
普段フィールドなどでやっていることが伝わりそうなものを適当に並べてみました